建物健康診断 | 横浜・神奈川の建築家・建築設計事務所:分離発注で注文住宅

横浜・神奈川で 分離発注方式の家づくりをしている建築設計事務所です。

人にやさしい

地球にやさしい

Yu設計名称

ホームhomeポリシーCM・分離発注業務の案内事例紹介新築住宅事務所案内お問い合わせ

建物健康診断

建物も人間と同じ、定期的な健康診断が必要です。

今 何も不具合が無くても 遅くても10年目になる前に一度は診断を受けましょう。


屋根や外壁・窓周りからの雨漏れ、湿気による土台や柱の腐蝕具合など 一級建築士が専門的知識をもって 建物の劣化具合を調査します。

 雨漏れや湿気となる原因を突き止めることは 建物を造る過程に精通した者にしか出来ないことです。

 屋根や外壁の塗り替えをすれば 見た目はきれいになります。 雨漏れも一時的には収まると思います。

 しかし 本当の原因部分がそのままであったり 目には見えない土台や柱の腐蝕をそのままにしておけば いずれどのようなことになるか想像できると思います。

健康診断の流れ
○ 予備診断
    (無料です。 口頭での報告になります。)

 御伺いし 建物の図面 実際の壁・柱の位置 間取りを確認します。

 経年による劣化の進行度合い 雨漏れや壁のひび割れなどの実際の不具合状況を目視で確認し その原因を想定します。

 本調査の必要性 方法 度合いを判断します。
 また 簡易的方法で 耐震診断の必要性を判断します。

○ 劣化状況調査
    (有料¥35,000- 劣化状況報告書を提出します。)

 床下 天井裏などの柱や梁  構造躯体の劣化状況・屋根・外壁・内装材など 仕上げ材の劣化調査 給水・排水・設備機器・電気などの設備の現状を 現物目視・打診で調査し 修繕の必要性の評価をします。

 不具合が有る場合には その原因を調査します。

 雨漏れや壁のひび割れなどの実際の不具合の原因調査の場合には 1回の調査では終わらない場合が有ります。

 原則足場なしで手の届く範囲  既設の床下点検口・天井点検口から目視可能な範囲に限られます。

 但し 必要が有る場合には 壁や天井に 目立たないように簡易点検口を設置します。
 非破壊検査や地盤調査など専門調査会社に調査の依頼をすることもあります。(別に費用が必要です)

 耐震診断のための調査を同時に行なうこともあります。

○ 修繕計画・修繕工事の監理
   (建築士業務委託契約を結んでいただきます。)

 一次調査の結果をふまえ 修繕・改修計画図面を作成します。

 修繕の範囲 修繕方法を想定し これに掛かるおおよその概算費用を算定します。

 耐震診断を同時に行なった場合は その結果から 補強計画を策定します。

○ 施工中調査

 今までの調査で判明出来なかった部分の調査で 足場 高所作業車 建物の一部の破壊を伴うため 通常は修繕工事を行なうことが確定してから 工事の初期に行ないます。

 一次調査での 修繕必要な部位・項目・範囲が広がることがあります。


健康診断費用
○ 調査・診断費用:35,000-
 木造住宅 3階建 35坪程度までの費用です。

○ 専門調査会社による 地盤調査や コンクリート部(基礎など)の非破壊検査(鉄筋探査・コンクリート強度テストハンマー検査等)が必要な場合は 別に費用が発生します。

○ 住宅以外・鉄骨造や鉄筋コンクリート造 非木造の場合にはご相談ください。

○ 耐震診断・一般リフォームと同時に行なう場合にはご相談ください。

修繕計画費用
○ 修繕計画の費用は 修繕方法及び程度により異なり 都度見積金額の提示をさせていただきます。
 また 同時に 耐震改修や他のリフォームも行なう場合はご相談ください。

○ 工事は分離発注方式で行い 無駄な費用・不必要な工事はしません。
 不必要に不安を煽り 余計なシロアリ対策や意味の無い金物補強など 根拠の無い工事を薦めることは有りません。

9年の現実
画像をクリックすると拡大します。

これらの建物は一連の建売住宅です。
工事に責任がある施工業者は倒産して つかまりません。
住宅性能保証制度の保険が適用され 補修工事費の80%近くはこれで賄うことが出来ました。

外壁のひび割れ
外壁のモルタルにクラックが多数見られます。
原因はバルコニーの手摺スリットや笠木からの雨漏れ。

基礎の雨しみ
基礎に上から茶色い染みが出来ています。
壁の中に雨が浸入している証拠です。
中の壁の木材はほぼ80%腐蝕していました。

小屋裏の湿気

小屋裏の中は湿気を抜く換気口が設置されておらず カビだらけ。
柱にも腐蝕が進んでいました。
健康にも悪い状態です。

外壁の腐蝕
外壁のモルタルに5センチくらいの穴を明け 壁の中を調査します。
中の合板が腐蝕しています。

外壁の腐蝕
外壁の雨漏れ。怪しいところをスポット的に調査をします。
水切鉄板の施工不良で雨漏れ 外壁合板が腐蝕しています。
外壁合板は耐震上重要な要素です。

内壁点検口
内壁からも壁のなかの具合を点検します。
跡はコンセントプレートで仮に塞ぎます。

内壁点検
内壁側から中を点検。
外壁の合板が雨漏れで腐蝕している。

外壁の腐蝕
調査で明らかなところは修繕工事で大掛かりに外壁のモルタルを剥がします。
屋根の鉄板の掛かりが少ないため 雨が浸入しています。

外壁雨漏れ
外壁の至る所に雨漏れです。
防水紙の質・窓周りの防水処理
完全な施工不良です。

ユニットバス天井裏
ユニットバスの天井点検口からも外壁の雨漏れの状況が確認出来ました。
外壁だけでなく 被害は2階の床根太まで及んでいます。

耐力壁の腐蝕
外壁の腐蝕は予想以上。合板は素手でもはがせる状態。
柱や床根太 梁まで腐蝕していました。
構造躯体の腐蝕で ちょっとした地震でも倒壊する恐れがある状態です。

柱の腐蝕
ピロティーの柱
合板も柱も100%腐蝕 耐力は0でした。
2階が落ちなかったことが不思議なくらいです。


業務案内

注文住宅,新築住宅
分離発注方式で価格の見える家づくりです

リフォーム,耐震改修
増改築 マンションリフォーム

ビル,マンションの設計
中小規模のものは分離発注方式でも行ないます

耐震診断,建物診断
耐震診断
耐震補強計画
劣化診断
劣化調査

不動産購入アドバイス
土地や中古住宅購入にあたっての調査・アドバイスを行ないます。

大規模修繕
劣化調査・修繕計画

家づくりの流れ

設計料金